風俗嬢のコンプレックスとは?

MENU

風俗嬢にコンプレックスなんてあるの?

風俗嬢なんて男に指名されるほどの可愛い人ばかりで、そんなコンプレックスなんて抱いている人は居るの?

 

コンプレックスを抱いている人が風俗嬢で働ける!?

 

そんな事は無いだろうと思ってしまう人も居るかもしれませんが、実際の所風俗嬢と言うのはそれだけ男性に見られ、評価される仕事に就いているので、意外と自分に対するコンプレックスを大きく抱いている人も多いようです。

 

周りに評価をされると言う事になりますから当然、本来ならば気にしなかったような、普通ならば見えないようなところまで評価をされてしまい、その現実を知る事となりますから、他よりもコンプレックスと言うものを抱き易い世界に居るのでしょう。

 

そして出来たコンプレックスを抱きながらこうした風俗と言う仕事をすると言うことは、意外と大変な事のようです。

 

体系や顔、声、性格、何にしたってコンプレックスを抱いていたとしてもそれを表に出さなければならないと思いますし、その上その抱いた物を気にしないようにして接客をしなければならないのですから、精神力的には結構厳しいものがあるようにも感じられます。

 

そこで働く女性たちと言うのは、下手にコンプレックスなどに負けてしまって落ち込んでしまうばかりと言うような人ばかりではなく、それを抱きながらも立ち向かっていけるような女性が多いのかもしれませんね。

 

そしてそれを改善すべく、自分を磨いているからこそ、風俗嬢と言うものがやっていられるんだと思います。